このような音声を記録したのは、光の方ばかり見ていては夢物語的になってしまうの可能性があるなって思っているからです。

闇の部分、影の部分を観て、光の部分を見ると前進しやすくなるのではないかということです。

このような表現をして、何が変わるかとかは人それぞれですし、準備が出来ていない人は、きっと怖くなると思います。だから反抗したくなることでしょう。

でも、肉体に入っている情報を知ることで、癖とか特性とか知っておくと、しょうがない部分も理解できます。それを知っておくのと知らないのとでは、前進するスムーズさが違います。

基本的に、僕が腑に落ちた内容です。正しい間違いは知りませんが、納得しています。

また、腑に落ちた話があったら、闇の部分であっても音声化しようと思っています。

スポンサーリンク