メッセージの断片⑥・・・目標の観点を変えるのじゃ!

一等賞の罠?!

本当の失敗は、予定に組み込まれた、行動や経験をすることで、成果が上がらなかった場合のことを言う。

ほぼ、あり得ないがな・・・

実りのある失敗とは違い、ただ、波動を予定外の方向に変更しようと抵抗した場合に起こる、

ちょっと、もったいない失敗もある。

強すぎるエゴとか、妬み、恨みとか、どうしても一番になるというような思いが、そういう、面倒を引き寄せることもある。

※↑少し説明が難しいので、解釈できそうもなかったら飛ばしてください。

目標の観点を変えるのじゃ!

一等賞は、一人しかおらん。

これは、貧しい。

じゃが、一等賞を目指すことがなければ、能力が上がりにくいことも有る。

それで、人々に感動を与えられるくらい、全力でやるとか、

プロなら、お客様を感動させるとか、

本物を見せてもらったと、

シビレさすような表現を貫きとうすとか、

一番にならなくても、

人々の心に残るようにするとか・・・

最終地点を一等賞から変えるのじゃ!

 

本当は、まだまだ、上がある。

スポンサーリンク

じゃが、地球上では、一等賞が最上だと思いこんでおる。

地位、名誉、カリスマ、人気・・・これがあると、人が集まる。

何でもない言葉を発しても重みがある。

お前のBlogは、それがないから、ワシが素晴らしいメッセージを送っても、喜ぶ人は少ない。

ほぼ無いかもしれん。

じゃが、一等賞とか、数字とか、人気度とかに固執しなければ、本当の豊かさの波動に変わることも有る。

ここから、人生が変化することがあるかな!!

面白いぞ!!

 

 

とにかく、

一人だけトップとか、そういう意識は、貧しいと思って、視点を変えるんですね!!

 

<加筆>

※初期のメッセージなのですが、衝撃はありました。

これからドンドン、深くなっていくのでした(汗)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください