光の検証(9)

”光”の世界に行くにはな・・・
物質界での、その感情が無くなる。
そして、感情を発生させる思考が止まる。
そして、意識だけが残る。
とうとう、この話ができるところまで来たようじゃな(笑)

光の検証(8)

”光”と”闇”で分けて検証していますけど、分けるから認識出来るのであって、
本来は、どちらも一緒で、中間くらいの基準を持つと、こちらから”光”で、こちらから”闇”ってことでしょ???
だったら、その中間地点を変えちゃうと、今まで”光”だったのが”闇”になってしまうような形で検証しているんだと思うんですよね・・・
これって、意味あるかなって?

光の検証(7)

そうですよね!!

終点の答えを探している分けではないですよね(笑)
もっと、もっと、人類には認知出来ない領域が、これから先に待っているんですからね!!
地球人を卒業ってところを第一目的にしたりして(笑)

光の検証(6)

もうじき・・・
そういう試練的な”経験”から、学ぶ必要のない時代がやってくる。
そこまで波動を上げるのじゃよ!!

光の検証(5)

一旦、”光”の領域に行くと、戻ろうと思えなくなるぞ(笑)
それは、生まれてきた時に、今世に経験する予定で、肉体や環境、性格や個性、能力などを”制限”を持たせた状態を選んでおる。
この話は、すでに常識になっている人おれば、全く信じていない人もおる。
じゃが、そういう事はどうでもいい。

光の検証(4)

何か、目標を持って邁進するとか、特に大きな目標をや変化を望んで進むと、
必ず、ネガティブな”闇”のような存在が現れます。
批判や厳しい言葉・・・
自分自身も怪我や病気になったり、それに伴う力の強い人間からの”正しい”という話を聞かされたり
これは、目標が”光”の方向であっても、起きるような気がするんだけど、何だか楽なんです。

光の検証(3)

”私”は、どこから来て、どこに向かうんですか?
向かう方向が”光”だったらいいのかなぁ~って思うんだけど。
殆どの方は、”光”って分からないから、行くのは無理なような気がする。
”光”に行くためには、聖人にならなければならないような気がするから、厳しいって思う。
それから、自分の正体が分からないで、どっちに行くも無いだろう?って思うんです。

光の検証(2)

『時間とお金を得る』
自分の時間、自由に使えるお金を持っていれば、とてもリッチに生きられるという意味じゃな!
そして、こちらを優先する人も大勢いるが、”愛”や、”健康”や、”友”があれば最高だろうと思う。
これらは、本当なのだろうかのぉ???

光の検証(1)

今回から”光”の検証をしていくぞ!!
第一ステップじゃから、これが全てでも無いし、これを理解しなさいという話でもない。
自発的に行動を起こし、自発的に”光る”という事を感じてもらいたいだけじゃ♪
やりたくなければ、それはする必要もないがな(笑)
やらされは”闇”じゃからな(笑)

闇の検証(6)

普段考えている内容が実現するのではない。
普段考えている事は、何故?それに対してフォーカスして考えているかなのじゃ。
何の理由があって・・・思考を使っているのかという事じゃ!!

闇の検証(5)

実はな・・・
覚醒者と呼ばれるような人でも、いきなりは覚醒しないのじゃ!!
何かを自覚するための基準のようなモノが有ったほうが、方向性が分かりやすい。
だから、エゴを利用していきておる!!

闇の検証(4)

よく人に裏切られた・・・という話を聞くがどうじゃな?
それは、この人を信じるという行為があるから、裏切りがある。
何故?信じた?
何ために、信じた?
その信じる行為は必要じゃったか?

闇の検証(3)

やりたいことをやるというのは、成功も失敗もない。
それは、やりたいことが、”成功”にフォーカスしているから。
では、その”成功”は何故必要なのでしょうか?
その理由がはっきりしてて、本来の自分だとしたら、そのまま歩んで下さい。

闇の検証(2)

本題じゃ!!
何故?”評価”というものが存在するのじゃ?
それは、お前にとっても必要なのか?

闇の検証(1)

本を読んだらダメじゃよ(笑)
これが正しいとしか書いておらん(笑)
本当は、知っておるのじゃよ(笑)

光と闇・・・どちらへ行く?

さて・・・
光と闇の話をしよう!
この話は、お前のエゴが創ったワシと、次のありのまま爺さんの共同メッセージじゃ!

一瞬だけ繋がった・・・NEWありのまま爺さん

わたしは、ありのまま爺さんが、自分のエゴから創造してしまった案内人だと気が付きました。
ただ、そのエゴの役割がないと、3次元である地球上での活動に対して、
理解しやすい内容で気付きを得られることは無かったでしょう!!
これからも、時々登場してくれるようです。
人間臭い面を持つ、ありのまま爺さんです(笑)