仕事と生活の境目

終了-ただ、何となく

仕事は辛くて、生活は安らぎなのでしょうか?

 

会社勤めの方々でよく聞く話です。すべての方がそういう話ではありません。

「仕事は会社からの命令で動くものであり、自分の意識とは別だし会社全体の事を考えて働かなければいけないので、残業だってすることあるし、人間関係もスムーズでないと困ることが多いので、それらをこなすために、非常に心身共に疲れる事が多い。」という話です。

だから、休日や帰宅後は自宅で心身の疲れを取るために、寝たり好きなことをしたりする場所として、仕事と生活(家庭生活や実生活)を区別しているという話です。

それは、家族といっしょにるとか、休日に遊びに行くとか好きなことをするとか、寝るとか、美味しいものを食べるとか、仕事とは離れた形で生きている方は、納得されるかと思います。何もしたくない派の方は、家事の手伝いもしないで面倒をみてもらっているだけという立場を満喫さているかもしれません。家族からの不満が出るかもしれませんが、それ以上の日頃の仕事に対してストレスを感じているという事ですね。

休日に会社の仕事を持ち込んで頑張っているという方は少数派なのだと思います。平日にどうしても終わらなかった仕事を休日にやるというのは、仕方なくやっているか、会社だと落ち着かないから、この方が気楽という人もいるかもしれません。

ところが、仕事と生活(家庭生活や実生活)の境目が無いとしたら、どう思いますか?家族と食事をしている時や、遊んでいる時でさえも仕事のことを話したり、考えたりするのです。とてもじゃないけど辛いという方は少なくないかと思います。ワーカーホリックの方は、どこでもやっちゃうかもしれませんが、せっかくの休日に何をしているの?って家族から怒られちゃうかもしれません。

ところが、仕事と生活(家庭生活や実生活)の境目が無い状態で楽しく生きている人もいます。とても楽しんでいるようです。こちらのサイトが提唱する『落ち着いた生活様式・Calm way of life』に近いので、ありのまま爺さんに対話で手伝ってもらいました。

 

仕事って生活に持ち込んではいけないのですか?

 

ありのまま爺さん
今日も仕事(対話)をするかの~、仕事と生活との境目が無い状態でも楽しく生きていけるかどうかじゃな!それは可能じゃよ。それを望んでいるのじゃろ!!
さわらぎ
そうなんですよ。本心って言っても、まだ分からないことばかりなんですけど、どうやら仕事をして休んでという、2つの領域を起用に使い分けるってどうしても出来なくってですね。仕事はストレスが溜まるものという概念があるから休日が必要になるって事かと思うんです。休日って大切なのは分かっていて、それはそれで否定はしないんですけど、そんなに仕事を辛いものにしてしまうってどうなんだろう?って考えるわけです。もちろん、責任とかふっ飛ばしてということではないんですけどね。
ありのまま爺さん
確かに、お前は器用ではないし、仕事が終わってから飲みに行くとか、さらにストレスが溜まるのだと思うよ。お前の特性もあるから、世の中の全員には当てはまらのじゃが、『仕事=我慢』という定義というか思い込みが存在するから、ストレスを開放するための行動(休暇)が必要ってことになるのじゃよ。だったら、『仕事=我慢』という定義を変えてしまえばいいのじゃ。会社に行くと嫌な上司がいてとか、仕事内容が自分に合っていないとか、満員電車が辛いとか、いろいろな要因があって、『仕事=我慢』という定義を変えることが出来ない場合が多いと思う。だから、好きな仕事をして嫌な上司がいなくて、満員電車もありませんというキャッチフレーズのフリーランスの仕事を推奨するような文章に引き寄せられたりする人も多いのじゃよ。
さわらぎ
『仕事=我慢』という定義ですね!!自分もフリーランスですけど、例えば収入が安定しないとかそういう不安があるから、もっと仕事しなければと追い込むことがあります。だから仕事はストレスの原因の一つかもしれません。でも、僕の場合は、会社勤めしたり、仕事を任されるような状態になると、頑張りすぎてしまうんです。自分がやらなきゃ!!って力が入ってしまいます。そして、自分が疲れ切っているのに気付かず、倒れてしまうのです。
ありのまま爺さん
しかも、仕事が出来るタイプじゃない(笑)

言葉によるコミュニケーションの理解力が低いとか、同時にいろいろな仕事をこなすのが苦手とか、基本的に一人でいることに落ち着きを感じるからな~、ストレスを抱える感度が強いタイプじゃから、それは会社勤めは苦しいと思うぞ!周りが理解してくれるような環境だったら大丈夫じゃが、一見(笑)普通っぽく見えるからな。

さわらぎ
出来る仕事と出来ない仕事の差が大きいとうのは、最近認識しています。だから、会社勤めは怖いんですよ。いろいろな事を要求される。でも、フリーランスだって要求される事ってあります。限度を超えると、途端に無価値人間に変貌してしまうくらい動けなくなりますから。
ありのまま爺さん
そういうことじゃよ!!世の中には営業職が全く出来ないタイプの人間もおるし、水を得た魚のように営業職を楽しんでしまうタイプもおる!単純作業が全く出来なくて、イライラしてしまうタイプもおるし、単純作業に対して落ち着いて仕事が出来るタイプもおる。不得意な部署に配属されたら努力すればよいタイプと、努力すればするほどダメになるやつもおるな!!

そして、不得意な部署に配属されたりした場合、そのままを上司からの評価が確定してしまったら悲劇が起きる。努力して上手く行けば評価が変わる可能性があるから、それはそれでいいかもしれん。じゃが、少数派の努力すればするほど落ち込む人間は辛いの~

しかも、仕事が出来る人間は、出来ない人間に対して腹が立ったりするし、出来る者同士だったらライバルになって競争が始まる事もあって、やはりストレスが溜まる。

さわらぎ
でも、一定のお給料がいただけるから、会社勤めはいきなりは辞められないのですよね。生命線は仕事で稼いだお金ですからね。住む所や、食事代は、確保していかなければなりませんしね。
ありのまま爺さん
そこが人間社会の仕組みじゃな!逃げるのは簡単じゃないと思う人が多い。別にニートになっていいのじゃが、お前のように家族がいると、そのチャンスも無い(笑)じゃが、その仕組の定義を思い込みによって作ってるのは本人自身じゃよ(笑)

本当は、その定義とういうものは、いつくもあるのじゃよ。生活していくためには、会社勤めをするのは、いくつも有る内の一つじゃな。お前だって会社に行かないで自分で稼いでおるじゃろ!

そして、また、別の定義を見つけられそうだから、ワシに相談(対話)ているのじゃろ???

さわらぎ
そうそう!(汗)そうなんですよ。ただ、頭がこんがらがっているので、対話で整理したいんです。『仕事=稼ぐ』という場合は、お金にならない仕事はやらないって話になってきます。いくら儲かるかを計算し続けなければなりません。何だか好きになれないのです。でも、自分の提示出来る作業が人に喜んでもらえたら、それがお金になって帰ってきたら嬉しいです。無理に提示出来る内容を作り上げて行くのじゃなくて、もっと自然体にです。ずっと考えていたけど、そんな都合の良いことばかりじゃないと否定してきましたが、もう、否定していては年齢的に体力が減っているし、続けることは無理だと思うようになってきたんです。
ありのまま爺さん
それも、導きじゃな!!だったら、”好き”を仕事にすればいいのじゃよ。誰だって”好き”なことはあるはずじゃよ。例えばギャンブルが好きであれば、ギャンブルを解説する仕事をするとかな!仕事に転換は出来る。ギャンブルを本職にはしにくいがな(笑)
さわらぎ
それって、薄々気がついていました。どうやったら仕事に転換出来て、そのサービスとか作業を望んでいる人を見付けて、提供していくかに集中すれば仕事として成立するんですよね!!

でも、ほとんどの人が、”好き”を無視するか、そのサービスや作業に自信が無いか、自分の仕事を必要としている人を探して提示する事が出来なかったりするから、収入までたどり付けませんよね。いつくものハードルがあります。

ありのまま爺さん
そこで、仕事は仕事!生活は生活!と分離するからハードルがいくつもあると勘違いするのじゃよ!!よいか!!生活を成り立たせるために、何かを渇望している人がいるから仕事が存在するって忘れていないか?何か楽にならないかと思って、生活上に悩みがあるから解決する何かが欲しいのじゃよ。だったら、普段の生活にヒントがあるって事じゃな!!

もちろん、仕事上で便利になって欲しい、仕事で上手く行かないから、それを解決するものが欲しい人(会社)がいる。だったら、その人(会社)に対して、自分の提供できる事をアピールすればいいのだから、ヒントは仕事場にあるって事だけじゃな。

仕事を難しく考えると、泥沼になる。だれも、そんなサービスを望んでいないのに提供しようとしたって、誰も欲しがらない。”普段の生活している場所”に提供出来るものがあるならば、普通に生活していることが、仕事に繋がっていくって事じゃよ。それだったら、仕事と生活の境目が無いほうが楽しいのじゃ無いかな?

さわらぎ
なるほど・・・

頭の中の整理が出来てきました!!

最近、記事にもしたんですけど、”心”が邪魔をするって思えるようになって来て、稼ぐとか考えるのが嫌になって来たんです。でも、実際は肉体も維持しないと死んじゃうだけだし、家族もいる。だったら”心”のフィルターを通さないで、”思考”も通さないで、自然体でやっていけないかな~と模索していたんです。無理に努力すると、猛烈に苦しくなる。苦しがって努力しようとすると、猛烈にパワーダウンするんです。もちろん!努力することに燃える人はそれでいい。ところが、人に怒られたり、努力したりすると、極度にやる気が落ちるんです。そんな特性を使いこなす為に、”心”や”思考”を止めたいです。だったら、無心に好きなことやるしかありません。これが僕の答えなんです。

ありのまま爺さん
それが最大の目標になるって気が付いたかな?
さわらぎ
与えていただいた、”自分”という定義に逆らわないとうことですよね♪
ありのまま爺さん
かなり近いぞ!!言葉で伝えるのは困難だからな。その言葉の波動を上げていくのじゃよ。どうなっていくのか、その言葉に沿って想像してみてくれ!!
さわらぎ
これって、単なる妄想(笑)じゃなくて、想像する道を発見するから出来る事ですよね!その道を発見する方法は、”ゆるめる”だったりするのかなって直感で思いました。
ありのまま爺さん
これは、一言では言えないな。人それぞれに”心”が存在する。それが壁となって、道が見えなくなっているのじゃよ。生活が困窮していて、その道を見ようするかな?お前のようにある意味恵まれていて、辛い事も起きたから発見しようとしたのではないかな?もう頑張れない年齢だから危機として見付けたのではないかな?単純に、未来や、好きなことをやっている状況を想像するというのは、簡単ではないし続けることも困難な人が多い。だから、うまくいく人が少ないって事じゃよ。
さわらぎ
だったら、この対話の文章も必要な人が少ないってことですか?必要としている人が多いほど嬉しんですけどね。
ありのまま爺さん
確かに少ない。じゃが、今の段階ではという事じゃ。この記事を5年後に見て助かる人もおる。たった一人でもいいのじゃよ。この話を押し付けても仕方ない。そもそも、押し付けしたくないから誰でも無料で読めるインターネットを使っているのじゃろ?

期待しないこと!手放すこと!執着しないこと・・・これが出来ないと、”好き”をやり通す事ができにくくなる。まだ、道が見えてない場合はなおらさじゃな!

人それぞれに、使えるツールを必ず持っておる!それは、得意な事ではない!!得意な事を仕事にすれば良いと判断すると、どうしても結果に執着したりすることが多くなる。落とし穴みたいなものじゃな!それよりも”好き”というロープがあったとしたら、それを手繰り寄せていくのじゃ!!お前は写真が得意じゃな!!でも、自然が好きだから、その”好き”を追っている時は無心でいれた。そういうことじゃな(笑)

さわらぎ
そうですよね。期待しないこと!手放すこと!執着しないこと・・・ですね!!

”好き”が続いている未来を想像してみます。そこで必要な情報を引き寄せれば、能力が無くっても、それを真似してみてもいいし。意外と”好き”だと思っている事を押し殺しているいるような気がしています。どうせ趣味なんてやれる時間は無いとか思っています。たまにYouTubeなどで映像を見かえると見とれしまうような好きなことってありますね。探す方法はいくらでありますね。

ありのまま爺さん
ここで引き寄せの法則を使ってみてもいいぞ!”好き”を探すために使うのじゃ。ポジティブになってな!!ネガティブになって探すと、逆のものが引き寄せられる事が多い。最初から備わっている自分のツールを使わないで引き寄せようとするから失敗するのじゃよ。ツールで作り上げる事以外のモノは作り上げることは出来ない。多くの人が、作り上げることが出来ないことに対して、ツールを持っていない事に気付いていないのじゃよ。外から見ると、素質もない事に夢を追っているように見えるのじゃ。

要はな、ツールを使わないで引きせるのは難しいってことじゃ。ちなみにツールとは、性格や身体的な特質や環境などじゃな。

ただ、今の願いとは違うことしか引き寄せられない可能性が高いから、執着しないことじゃな!!道に沿って移動していると、必ずツールを発見する。そしてそのツールを使って引き寄せるのじゃ。そして、結果に執着しないこと。執着というよそ見をしないで、まっすぐ、”好き”を見続けるのじゃ。結構忍耐が必要かもしれないぞ(笑)

 

仕事と生活の境目を無くす

ということで、仕事と生活の境目を無くして、仕事どっぷりだったのは、僕の場合は”不安”と”執着”からでした。

もっと、働かないとやっていけないと思っていたようです。ですから、仕事のミスも強烈なストレスになってしまいます。

仕事のことを、かなり変ですが、責任のある趣味って言えばいいのかな?生活の延長で楽しんで作業しているのが仕事って言えばいいのかな?

言葉に変換するのは難しいので、これくらいにしておきますが、束縛される仕事ってゼロにすることは不可能ですが、極力減らしたライフスタイルに変えていくことに意識を向け続けてみようと思います。

さて、出来るのでしょうかね(笑)僕の場合は、写真を撮っている時が、時間を忘れられる時です。最近は動画も同じ様な現象になっていて、編集作業までイメージして撮影出来た時は最高です。編集も難しい事をやろうとすると、作業に疲れますが、撮った素材が良ければ編集に時間をかける必要が減るので楽しい作業になります。実は、他にも有るような気がしてきました!!心から開放されていると出てきます。

今まで、接客業(お店の経営)もやってきたので、自分を殺さなければならない場面があったり、規約とか法律とか面倒な場面になると、途端にパワーダウンをするので、そこがネックでしたが、そちらに甘い仕事だったらスイスイ出来るはずという想像もしています。やはり経験もある程度必要なのかもしれません。

ありのまま爺さんから、辛いことだって、想像出来る道を発見できる材料になるというようなメッセージをもらいました。気付く事や、それに対して好き嫌いの判断することは、”心”がやってくれます。個性というのかもしれません。思考というのかもしれません。こいつは必要なんです!!でも、厄介で邪魔でもあります!!”心”を俯瞰で見ながら、想像すると良さそうな道を見れば、きっと、与えられた自分という素材を楽に使いこなせて、未来に自然に運んで行ってくれるような気がします。いつか”自分”が消えて、もっと楽になるのかもしれません。

また、気付きが起きそうだったら、ありのまま爺さんに手伝ってもらって、書いてきますね。

読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました