自分の取扱説明書㉑・・・その人の問題です。

他人と自分

 
前回、

大元の自分の声に従って生き始めると、きっと、安定した収入を捨てたり、

今ある仕事が嫌になってきたり、

どうしてもやりたいことに対する衝動が抑えきれなくなったりします。

という話から入りましたが・・・

それと同じく、他人との波動に溝が出来て行きます。
 
なるほど。。。
 

スポンサーリンク
例えば、あなたがどんなに素敵な生き方をしても、
素晴らしい言葉を使っても、有効な行動をしても、
 
あなたが嫌いな人は、あなたのすべての事が嫌いです。
それは、あなたの問題ではありません。
その人の問題です。
 
自由に好き勝手に、あなたを嫌うのです。
 
そう言われれば、そうかもしれないな・・・・
顔、声、手振り身振りも、嫌いな対象になってしまうみたいだし・・・
悪い部分を探して否定しては安心しているような不可解な行動する人もいる。
 
そうなんです。
ただ、自分の中にもそういう事が無いか
よく観察してみてください。
 
うん!
それは、無意識にやっている可能性があるらね!!
 
それから、我慢していて、正しいと思い込むようにしていたことも、我慢を止めると、いきなり批判の思考回路に変化します。
 
これは、冷静でいようと思ったことは多々あるよ・・・
 
ということで、あなたの取扱説明書にはこうかいてあります。
 
~*~*~*~*~*~*~*~*
自分の気持ちに我慢しないでください。
気持ちをコントロールしようと考えないでください。
いつも、正直で清々しく生きてたら、それに対しての批判という感情は生まれません。
正直に生きると、人との衝突もありますが、すぐに無くなります。
我慢する対象(人など)が減り、そして、新しい出会いが起きるでしょう。
~*~*~*~*~*~*~*~*

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください